とても難しい…確定申告の青色を家計簿並みのエクセルで完了させた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは。switchサイト(このサイトです)の記事を作成している税理士法人スーゴル、管理部の大西です。

皆さんは「確定申告の青色65万円控除」ってご存知ですか?

個人の青色申告者にはいろいろなメリットがありますが、そのひとつに所得金額から最高65万円(または10万円)を控除して、税金を少なくすることができる「青色申告特別控除」があります。

ただし、これを適用するためには「複式簿記による帳簿作成」が必要です。

ちなみに青色申告65万円控除を受けるための確定申告の流れはこんな感じです。

 

参考:個人事業主の確定申告ガイド|フロー図を用いてわかりやすく解説

参考:副業の確定申告ガイド|20万円超から始める手順やバレないやり方

参考:フリーランスの確定申告|押さえたい8つのポイント

 

うーん、ちょっとこのフロー図を見ただけで嫌になりますね。

よくわからないし、気乗りしないし、やること多いし、面倒そうだし。

その気持ち、ものすごくわかります。

私は税理士法人に勤務していますが、はっきり言って、経理は苦手です。

自分の経費精算もよくため込んで提出期限がギリギリになって怒られます。

 

それに、確定申告のできる会計ソフトもあるにはありますが、

会計ソフトは実際に触ってみると意外に難しい。

勘定科目は何を使ったらいいのか、操作方法・・・

会計ソフトを使えばそれっぽい帳簿はできあがるものの、はたして「本当に正しい帳簿なのか」。

出来上がってもすごく不安ですよね。

ですから、ほとんど確定申告のことを考えなくて、エクセルを使って入力するだけでOKな確定申告サービスを作りました。

 

「確定申告coreru」ってこんなサービスです

やることはたったの3つしかありません。

コレならできル!のcoreruですから、これくらいならできそうだよね、というサービスに仕上がっている、はずですが、実際のところはよくわかりませんよね?

今回、経費精算をためこむ私が、弊社のサービス「coreru確定申告」なら本当にカンタンにできるのか、使用感レポをお届けしたいと思います。

 

 

>>「coreru確定申告」もっと詳しく知りたい方はこちらから<<

 

一番疑わしいのは「ホントに家計簿並みのエクセルなのか

ここが一番気になる点ではないでしょうか。

coreru確定申告」は会計ソフトに入力するのではなく、エクセルに入力するだけというのがウリ。

けれど、そもそもそのエクセルの使い方がよくわからなければ意味ないですよね。

 

実際につかってみた感じがコレです。

売上エクセル

売上を入力するエクセルを開くとこんな感じです。

シートが3つに分かれています。

(1)と(2)を入力します。

 

まずは得意先リストを入力。

売上の入金される得意先を入力します。

これはこのまま得意先を管理するのに使えますし、のちほど説明しますが、売掛管理帳にも連動していますので、とても便利です。

 

次に(2)シートの「売上管理表」を開くとこんな感じ。

見た目は確かにエクセルですね。

しかし、入力するのによくわからないところがありそう・・・

 

・・・と思いましたが、わからない文字にカーソルを合わせると、説明が出てきます。

説明を読むと、どのように入力していけば良いかわかりました。

他にも使い方ハンドブックも別に同封されているので安心です。

 

得意先欄名は、先ほど入力した会社名が自動で選べるようになっています。

請求金額は、こちらから請求した売上金額を入力します。

入力すると、自動で「差額」欄にも入力されます。

まだ入金されていない状態なので、差額が165,000円のままです。

 

仮にお得意先からの入金が、165,000円に対して135,000円しか入金がなかった場合、差額が自動表示され、アラートに「不足しています」と出ます。

売上の管理が非常にやりやすいですね。

 

最後のシート「売上管理帳」は、入力欄はありません。

顧客名には得意先リストが自動連動していますし、入力シートで入力したデータを勝手に読み取って、11月の発生(請求金額)と入金金額が連動しています。

シートの(1)と(2)を入力していくと、自動的に一年分の売掛管理帳が出来上がるしくみです。

 

経費エクセル

経費のエクセルを開くとこんな感じ。

月ごとにシートが分かれています。

経費と交通費がセットになっています。

 

「交通費」のシートは、交通系電子マネーを使った交通費など、領収書がない場合に入力します。

 

すると、お隣の経費シートの一番上の行「旅費交通費」に自動連動します。

そして、右側の集計金額にも自動連動します。

ほかの経費も上から順番に入力していくと、右側に自動的に集計されていきます。

勘定科目を選ぶのが少し難しいですが、常に右側に説明が出ているので参考にしながら入力します。

どうですか?

エクセルといっても、特に難しい操作は必要ありません。

上から順番に入力していくだけです。

これくらいなら入力も簡単ですよね?

>>「coreru確定申告」もっと詳しく知りたい方はこちらから<<

 

「これで安心!経理キット」は何が入っているの?

確定申告coreruでは、まず最初に「これで安心!経理キット」がお手元に届きます。

実際に手元に届く「これで安心!経理キット」がどんなものなのか見てみます。

 

キットは「経理キット」と「申告キット」に分かれています。

 

コレルのハンドブックとエクセルデータが入っているUSBです。

 

ハンドブックの中はこんな感じ。

エクセルの作成方法も丁寧に説明されています。

疑問がありそうなところはQ&Aにて回答しています。

coreru確定申告の中身はこんな感じ。

お送りいただくにあたってのチェックシートと、必要書類を入れる封筒が同封されています。

 

coreru経理の中身はこんな感じです。

・チェックシート

・資料送付用の封筒

・お送りいただくためのレターパック

などが入っています。

 

どうですか?

経理キットもわかりやすく作られていますよね。

これくらいなら出来そうじゃないですか?

これが「コレならできル」のcoreru確定申告です。

 

例えば、月ごと、項目ごとにシートが違っていたり、手順書があるなど、『確定申告とは何か』をあまり考えさせないように設計されています。

もちろんやっていただくことは色々ありますが、何をどうしたらいいの?をできるだけ無くしています。

>>「coreru確定申告」もっと詳しく知りたい方はこちらから<<

 

実際、どれくらいの時間でできるの?

 

もうひとつの大きな問題は、どれくらいの時間がかかるか、ということです。

 

こればかりは領収書や請求書の量、個人の入力の早さ、業種などによっても大きく違うので正確なところは言えませんが、おおよその目安は以下のとおりです。

 

売上

作業時間

~200万円

3時間程度

~500万円

5時間程度

~1000万円

1日程度

 

売上1,000万円ほどであれば、集中して取り組めばほぼ1日程度で作業は終わります。

これくらいなら、煩わしい確定申告でも「1日だけ集中して終わらせよう!」と気合いを入れたらなんとかなりますよね?

>>「coreru確定申告」もっと詳しく知りたい方はこちらから<<

 

coreruはどうして生まれたの?責任者に聞いてみた

 

なぜ「coreru確定申告」は生まれたのか。

coreru確定申告」の発案者であり責任者であるスーゴルマネジメント株式会社 取締役の下地に聞いてみました。

「考えさせないエクセル」「これならできる!」にしたかった

実は私たち税理士法人スーゴルでは、今までもお客様に対して、私たちが作成したエクセルのご提供をしていました。

そしてお客様にご入力いただいたエクセルデータを、会計ソフトfreeeやマネーフォワードクラウドに読み込みしていました。

なぜ私たちが作成したエクセルを使っていたかというと、会計ソフトと連動させるためのエクセルデータを、お客様ごとにカスタマイズして流し込みするのは意外に難しいという現状があったからです。

顧問契約していただいたお客様には、お客様の商流をヒアリングしたうえで、最適なエクセルデータを作成したうえでご提供していました。

今回の「coreru確定申告」では、それを幅広く個人事業主やフリーランスの皆様に使っていただけるように、よりわかりやすく作成し直しました。

会計ソフトのようにすると逆にわかりづらくなるので「あえてエクセル感を残した見た目」にこだわっています。

誰が見ても「これなら自分にもできる!」を体感して欲しい、それを実現しています。

 

coreruで実現したいことは、不安や手間からの “解放”

ただでさえやることが多い個人事業主やフリーランスの方たちにとって、確定申告作業は「ノドに刺さった小骨」のようなものだと思うんです。

しかも憎らしいことに、期限が近付けば近づくほど、その存在感を増していって本当に煩わしい。

わかっていてもなかなか気乗りしない、それが確定申告だと思います。

 

しかも、自分でそれっぽい帳簿を作っても本当に合っているのかよくわからない。

それってやっぱり不安ではありませんか?

そんな『得体のしれない不安や手間』から解放されることが、「coreru確定申告」で私たちが本当に提供したいことなのです。

個人事業主やフリーランスの皆さんには、煩わしい確定申告は我々にお願いしてもらって、正しい確定申告をして安心して仕事に集中してもらいたい。

そのお手伝いを私たちができれば良いと思っています。

 

 

 

coreru確定申告サービスをもっと詳しく知る

では、実際に「coreru確定申告」のサービスについてです。

coreru確定申告は「経理」と「申告」というサービスに分かれています。

 

coreru経理

coreru経理は、『事業所得』の帳簿だけを作るサービスです。

お客様は私どもがご提供するエクセルに入力いただいて、弊社に送付すると、私どもがデータと資料をチェックして正しいカタチの帳簿にしてお返しいたします。

そこから先の確定申告はご自分でやっていただきます。

過去に確定申告をしたことがあるなど、帳簿をつくるところだけ頼みたい人にオススメです。

 

coreru申告

coreru申告は、coreru経理の内容も含めて、確定申告までお願いしたい方へのサービスです。

coreru経理同様、エクセルを作成していただければ、お客様がやることは資料を弊社に送付するだけです。

 

coreru確定申告のサービスの流れ

(1)これで安心!経理キットを注文(3,300円・税込)

エクセルの入ったUSBや、領収証や請求書をお送りいただくレターパックなどが届きます。

※経理キットの注文は、本申込みではございません。

>coreru確定申告「これで安心!経理キット」の注文はこちら<<

 

(2)エクセル入力・会計ソフトの用意

お客様は会計ソフトのご登録(freeeまたはマネーフォワード)をお願いします。

会計ソフトに仕訳を入力していただく必要はありません。

入力は、こちらからお送りしたエクセルにしていただきます。

 

(3)サービスの購入をお願いします

見積りが送られてきますので、見積り画面より本申込みを行ってください。

確認ができましたら、弊社にて作業準備をいたします。

 

(4)データと資料の送付

入力いただいたエクセルデータと、原資資料を送付ください。

 

(5)データと資料のチェック・帳簿作成

お送りいただいたデータと資料を弊社にて確認させていただきます。

また、お客様にご用意いただいた会計ソフトにて帳簿を作成いたします。

 

(6)coreru経理…帳簿データと資料の返却

お客様の会計ソフトにて帳簿を作成し、原資資料とともに納品させていただきます。→その後、ご自身で確定申告をお願いします。

 

(6)coreru申告…確定申告をします

帳簿が作成できましたら弊社の税理士が確定申告をいたします。

>>「coreru確定申告」もっと詳しく知りたい方はこちらから<<

 

coreru確定申告の料金表

 

>>「coreru確定申告」もっと詳しく知りたい方はこちらから<<

最後に

いかがでしたでしょうか。

coreruは、副業や個人事業主、フリーランスのために特化した確定申告サービスです。

会計ソフトでやってみたものの挫折したことがある人も意外に多いのが確定申告。

自分でやってみるにはなかなかに難しく、面倒なことが多い。

ぜひそういった煩わしいことは私どもにお任せすることも選択肢にいれてみませんか?

 

>>「coreru確定申告」もっと詳しく知りたい方はこちらから<<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

エクセルで簡単!コレならできル「確定申告」を使ってみませんか?

初めての確定申告を行う方、または過去に確定申告をして苦労された方。エクセルさえできれば、簡単に確定申告ができる「coreru確定申告」を使ってみませんか?

・家計簿のように簡単なエクセルを入力する
・エクセルと請求書、領収書などの資料を送付する

だけで、税理士が確認、確定申告まで済ませてくれるのがcoreru確定申告です。

設立50年になる「税理士法人Soogol」が、過去のお客様の声を聞いて作ったサービスになり、きめ細やかな対応が可能。是非一度詳細ページをご覧ください。


コレならできル【確定申告】coreruの詳細を見る